原付 鍵 閉じ込め

原付に鍵を閉じ込めたときの安全な開き方

原付バイクに鍵を閉じ込めた時

 

荷物や貴重品など収納できるメットイン。

 

 

しかし、使い勝手がいいために起こるトラブルも少なくはありません。

 

 

特に鍵を荷物と一緒に閉じ込めてしまったら大変です。

 

 

 

そんなもしもメットインに鍵を閉じ込めていまった時の対処を紹介します。

 

 

 

 

自宅から出かける時に原付に鍵を閉じ込めた場合

 

自宅で原付に鍵を閉じ込めた時

 

 

自宅にスペアキーがある場合

 

取りに行って開ける

 

 

 

自宅にスペアキーがない場合

 

自力で開けようとする人がいますがあまりおすすめできません。

 

 

なぜなら、無理にこじ開けると破損したり歪んだりしてしまいます。

 

 

しかも、鍵穴を破損させるとシリンダーまで交換になってしまいます。

 

 

 

長く使いたいのであれば迷わず鍵の専門業者もしくは、バイク屋さんへ相談しましょう。

 

 

鍵交換なら満足度No1の実績と一年保証付き 年中無休全国対応の鍵屋はこちら⇒

 

 

 

 

 

出先で原付に鍵を閉じ込めてしまった場合

 

出先で原付に鍵を閉じ込めた時

 

 

スペアキーを持ち歩いている場合

 

スペアキーで開ける

 

 

 

スペアキーが自宅にある場合

 

時間に余裕もしくは自宅が近くにある場合は取りにいく。

 

 

家族が家に居る場合は持ってきてもらう。

 

 

 

時間がなく急いでいる場合は鍵の専門業者へ相談しましょう。

 

バイク屋さんより早く対応してもらえます。

 

 

 

スペアキーが元々無い場合

 

鍵の専門業者へ相談しましょう。

 

 

 

ネットで検索するとシートを無理やりこじ開けて取り出す方法がかいてあります。

 

 

その方法で開いたとしても、その後シートが閉まらなくなったり、鍵穴ごと交換しないといけなくなる場合があります。

 

 

なので、もしネットの情報を参考にする場合は注意が必要してください。

 

 

 

最近の原付バイクはエンジンキーの所であけるタイプが主流になっているようです。

 

 

スペアキーがない場合は決して自力で開けないのが、逆に出費を抑えられますので得策でしょう。

 

 

また、シートの下に鍵穴があるタイプについても同様に自分で開けないで鍵の専門業者かバイク屋さんで対応してもらいましょう。

 

 

ただし、バイク屋さんは鍵の専門ではないのでこじ開けてしまう場合もあるようです。

 

 

問い合わせた時にどのように開けるか事前に確認しましょう。

 

 

出来れば今後、スペアキーは持ち歩くようにしましょう。なければこの機会に作っておくのもいいでしょう。