賃貸 鍵 紛失

賃貸マンションやアパートに住んでいる場合、
自宅の鍵をなくすとけっこう面倒です。

 

 

というのも、賃貸契約書に鍵紛失の場合に
とるべき行動が書いてあるからです。

 

 

その行動とは別の事を勝手にやってしまうと、
大家や管理会社とトラブルになるケースもあるからです。

 

 

賃貸マンションやアパートに居住していて
鍵を失くした場合にとるべき行動は次の通りです。

 

 

 

警察に届ける

 

まずは警察に届け出ましょう。

 

 

可能性としては低いですが、
落し物として届いていることもあります。

 

 

その場合、ひとまずは家に入る事が出来ます。

 

 

ただ、合鍵を作られている可能性もゼロではないので、
出来れば鍵交換を考えるほうがいいでしょう。

 

 

近くに警察や交番がない場合は電話でも大丈夫です。

 

 

 

 

大家・管理会社に連絡する

 

警察にも鍵が届いていない場合は、
大家か管理会社に連絡をしましょう。

 

 

賃貸契約書をもとに鍵の作成や交換などの
指示があるはずです。

 

 

マスターキー(スペアキー)がある場合には
ひとまず出入りはできるようになります。

 

 

ただし防犯上、鍵は交換するようになるでしょう。

 

 

どのようにすればいいか分からなければ聞いておくといいです。

 

 

また、費用負担についても聞いておくと安心です。

 

 

しかし最近では管理会社も大家も
マスターキーを持っていないという場合も少なくありません。

 

 

その場合、鍵屋の手配などをして対応するようになります。

 

 

また、休日や深夜早朝などで連絡の付かない場合は
早急の対応が必要になります。

 

 

 

 

大家や管理会社に連絡がつかない場合

 

曜日や時間帯によっては、どうしても大家や管理会社と
連絡を取る事が出来ない場合もあります。

 

 

その場合は鍵屋にあけてもらう他ありません。

 

 

とはいえ、後々のトラブル回避したいものです。

 

 

そこで、鍵屋のコールセンターに問い合わせてみる事をおすすめします。

 

 

というのも、鍵屋は年間数万件の鍵トラブルを解決しています。

 

 

ですので、同じような事例をたくさん経験しているから、
どのようにすればいいかアドバイスがもらえるはずです。