家 鍵 抜けない

いつも使っている鍵で開け閉めしたときに、
鍵が抜けなくなるというケースは意外と少なくありません。

 

 

家の鍵が抜けない場合、
鍵を開けっ放しにするよりもっと危険です。

 

 

外から見えるので、空き巣の標的になります。

 

 

とはいっても、抜けなくなった鍵を
焦って無理やり引き抜こうとしてはいけません。

 

 

鍵が傷ついたり鍵穴が壊れてしまうこともあります。

 

 

 

鍵が抜けない原因

 

鍵が抜けなくなる原因は次のようなことがあります。

 

 

 

異物が挟まっている

 

鍵穴にホコリや異物が入った場合、なかなか取れません。

 

 

小さいホコリであっても蓄積されると
鍵を差し込んだ時に抜けなくなる事があります。

 

 

その場合は、鍵を差したまま掃除機をかけると異物がとれ、
鍵が抜ける事があります。

 

 

 

違う鍵を差している

 

さすがにないだろうと思っているかもしれませんが、意外と多いケースです。

 

 

鍵の種類は沢山あるため、
複数の鍵を1つのキーケースでまとめている人がほとんどです。

 

 

1つ1つの形状は異なりますが、似たような鍵もあります。

 

 

違う鍵を差し込んだ場合、
ささったものの抜けなくなるということは良くある事です。

 

 

 

鍵のピンに引っかかっている

 

鍵の開け閉めは鍵とピンの形状があう事でできます。

 

 

抜く時には邪魔にならないはずですが、
何らかの理由でピンが引っかかっている場合は、
何度か開け閉めを繰り返すと簡単に抜けるようになります。

 

 

 

鍵を抜く位置を間違っている

 

意外と多いのが、そもそも鍵を抜く位置ではないというパターンです。

 

 

鍵の開け閉めと抜き差しをする位置が異なっている場合、
元の位置まで戻さないと鍵は抜けません。

 

 

抜けない!と思ったときには別の位置で引っ張ると
抜けたという事も少なくありません。

 

 

 

鍵が抜けないときの注意点

 

鍵を回したり振動を与えるときは、力いっぱいはダメです。

 

 

鍵は普通の状態であれば力を入れることなく抜き差しできるものです。

 

 

抜けないということは何かの異常なので、
その時に力ずくで抜いてしまうと
折れてしまってり余計に状況が悪くなる原因となってしまいます。