家 マンション 鍵

鍵を挿したまま折れてしまったときには、
まず何とかして鍵を抜く方法を考えますよね?

 

 

鍵が少しでも出ている場合ならペンチで抜く事もできますが、
奥まで挿さっている場合にはそれもできません。

 

 

奥まで入ってしまっている場合の対処法を紹介していますので、
まずは落ち着いてから参考にしてください。

 

 

 

奥まで入った折れた鍵を抜く方法

 

鍵が折れて折れた先が奥まで入っている場合は
精密ドライバーで抜くことができます。

 

 

マイナスドライバー2本を使って隙間から鍵をはさんで、
少しずつ引き出して抜くことができます。

 

 

(精密ドライバーは100円ショップでも購入できるので、手元になくてもすぐに手に入ります)

 

 

折れた鍵は鍵屋に持っていけばスペアキーを作ってもらえますので、
抜くことさえできれば合鍵作製代の数百円で済みます

 

 

ちなみに、このドライバーを使った抜き方は自宅の玄関だけでなく
バイクや車、自転車などの鍵が折れたときにも使えます。

 

 

なお、この方法で折れた鍵を抜いた人は多いですが、
鍵の種類や状況によっては必ず抜けるという確証はないのでご了承ください。

 

 

 

折れた鍵を取り出すときに絶対にやってはいけないこと

 

折れた鍵を取り出すときに接着剤を使うのは絶対に止めましょう。

 

 

接着面が小さいため、いくら強力な接着剤でも
くっ付けて抜けるものではありません。

 

 

逆にシリンダー内に接着剤が付いてしまった場合には、
シリンダーごと交換しないといけなくなる場合もあります。

 

 

その場合、費用がン万円かかってしまうので、
接着剤は絶対に使ってはいけません。

 

 

 

どうやっても折れた鍵が抜けないとき

 

精密ドライバーで折れた鍵が抜けない場合は、
ピンセットや針金などを使っても抜けません。

 

 

どうやっても抜けない場合は、
鍵の出張サービスが便利です。

 

 

ネットで検索すれば色々な業者が出てくるので、
近くの業者を選んで来てもらうといいでしょう。

 

 

業者を選ぶとき注意点としては、

 

@相談無料
A出張無料
B見積り無料
Cキャンセル無料

 

上記のように、正式に依頼するまでは
料金のかからない業者を選ぶのがポイントです。

 

 

電話でいくら安い見積りを言われても
結局は現場で状況を見てからの料金提示になる
ので、
直接見てもらった上で決められるかどうかはかなり重要です。

 

 

正式注文まで料金のかからない業者なら、
>鍵交換なら満足度No1の実績と一年保証付き 年中無休全国対応の鍵屋

が良心的です。

 

 

 

鍵が折れたときの抜き方まとめ

 

鍵が折れるなんて普通は考えられませんが、
意外と鍵は折れやすいものです。

 

 

しかもパニックになってしまいやすく鍵穴をガチャガチャやってしまいがちですが、
シリンダーを傷つけてしまうと費用も高額になってしまいます。

 

 

まずは落ち着いて精密ドライバーを使って
ゆっくりと抜く作業をしてみてください。

 

 

意外と簡単に抜けるものですから。