スーツケース 鍵 トラブル

スーツケースの鍵がささったままで折れてしまったら、
中の荷物を取り出せなかったり
旅行に使うことができないので困りますよね。

 

 

抜き取れさえすればスペアキーが作れるので、
何とかして抜くことはしたいものです。

 

 

状況によってはスーツケースの折れた鍵を抜くこともできるので、
対処法を紹介します。

 

 

中身を取り出すための強制的な開け方も紹介していますので
参考にしてみてください。

 

 

 

折れた鍵が鍵穴から少し出ている場合

 

スーツケースの鍵を回しているときに折れてしまった場合、
つまめるくらい少し出ているときは、抜ける場合があります。

 

 

そのときは、先の細いペンチやハサミでつまんでみてください。

 

 

しっかり挟んで抜けば、スッと抜けることがあります。

 

 

ただ、何もないからと指で掴むのはおすすめできません。

 

 

指で掴もうとすると失敗して押し込んでしまう可能性があるので、
必ずペンチかハサミで掴みましょう。

 

 

 

折れた鍵が奥まで入り込んでいる場合

 

折れた鍵が奥まで入り込んでいるときは、
マイナスの精密ドライバーで取れる場合があります。

 

 

ただ、鍵穴が小さいので
精密ドライバーでも取り出すのは難しいです。

 

 

無理にガチャガチャしてしまうとシリンダーに傷が入って
使えなくなる可能性があります。

 

 

少しチャレンジしてみて出てこない場合は、
鍵屋で開けてもらうのがいいでしょう。

 

 

鍵屋の料金は実際に見てもらわないと分かりませんので、
電話では概算しか出せません。

 

 

見積りや出張料無料の業者を選ぶと
無駄なお金がかかりません。

 

 

鍵交換なら満足度No1の実績と一年保証付き 年中無休全国対応の鍵屋

 

 

 

スーツケースを強制的に解錠して中身だけを取り出す方法

 

もし荷物を取り出せればスーツケースは不要という場合には、
中の荷物だけを取り出すことは可能です。

 

 

ファスナー式のスーツケースに限りますが、
鍵がなくても開けることができるのです。

 

 

ボールペンをファスナーの凸凹部に当てグッと押し込むと、
ボールペンの先が奥に入ります。

 

 

そのままボールペンをファスナーに沿って引くと、
ファスナーが簡単に開いて中の荷物が取り出せます。

 

 

そのスーツケースをもう使わないなら鍵が折れていても開くので、
お金もかからずに開けられるので覚えておいて損はないですよ。