安全に自転車の鍵を開ける方法

自転車の鍵が開かないときの対処法

 

 

・自転車の鍵をガチャガチャやっても開かない!
・早く動かしたいのに困った・・
・自転車屋まで抱えて持っていくのは無理・・


 

 

とめる前までは問題なかったのに、動かす直前で急に鍵が開かなくなると焦ってしまいますよね。

 

 

自転車の鍵は構造がシンプルなため、たいていの場合きっかけを与えてやればすぐに開きます

 

 

ただ、力いっぱい動かしてもまったく開く気配がないこともあります。

 

 

駐輪場で「開かない、開かない」なんてやりたくありませんよね。

 

 

あまりガチャガチャやって不審な目で見られたくありませんし、盗難と疑われてはいけませんから。

 

 

ガッチリはまって動かない鍵でも、サクッと開ける方法を紹介します。

 

 

自転車の鍵を自力で開ける方法

 

 

現場ですぐにできる方法としては、鍵を叩いて開ける方法です。

 

 

自転車のリングロック(馬蹄錠)は他の鍵に比べて見える部分が多いので、衝撃を与えやすいです。

 

 

ポイントは差した鍵を解錠の方に押しながら叩くこと。

 

 

何かに引っ掛かっていても、振動でバーが動いて開くことがあります。

 

 

かといって、強く叩きすぎると衝撃で鍵が壊れる可能性があるので気をつけてください。

 

 

いくら叩いても動かないならスプレーをしてスベリを良くしてみてください。

 

 

鍵用のスプレーは手頃な価格で売られているので、普段から持っておくと安心です。

 

 

自転車の鍵、ドアヒンジなどべたつきや油分を嫌う箇所への潤滑。

 

 

ただ、外出先ですぐにスプレーの準備なんてできませんよね。

 

 

急ぎで解錠したいなら、自転車や鍵のプロに頼みましょう。

 

 

 

 

自分では開けられないときの対処法

 

ガチャガチャやったりトントン叩けばかんたんに開きそうですが、ガッチリはまってなかなか開かないこともあります。

 

 

そんなときは専門家を頼りましょう。

 

 

費用はかかりますが、すぐに解決できますよ。

 

 

自転車屋に持っていく

 

近くに自転車屋があるなら、持ち込んで鍵を開けてもらいましょう。

 

 

自転車を抱えて持っていくのがむずかしいなら、駐輪場まできてくれないか交渉してみるのも手です。

 

 

【メリット】

  • 自転車の扱いに慣れている
  • 自転車トラブルの経験値が高い
  • 自転車の部品が多い

 

【デメリット】

  • 費用がかかる
  • 鍵を壊す場合がある

 

 

ただ、自転車屋は鍵を開けるというより、破壊して開けることが多いようです。

 

 

鍵開けは専門外のため、自転車を動かせるようにするだけの対処になります。

 

 

ワイヤーロックを持っているか新しく購入してもいいなら自転車屋に持ち込んでもいいですが、他に鍵がないなら鍵屋に頼んだ方がいいでしょう。

 

 

自転車のワイヤーロックの開け方はこちら→(準備中)

 

 

 

鍵屋に頼む

 

 

自分では開かず、鍵も壊したくないなら鍵屋にたのみましょう。

 

 

出張型の鍵屋なら指定の場所まできてくれますし、鍵のプロなので腕も確かです。

 

 

 

【メリット】

  • 鍵開けの経験が豊富
  • 鍵を壊さずに開けてもらえる
  • 現地まで出張で来てくれる

 

 

【デメリット】

  • 費用がかかる

 

 

鍵屋に頼むと費用がかかるのが一番のデメリットです。

 

 

自分で開けることを考えると高いですが、最終的な手段として知っておいて損はありません。

 

 

電話問い合わせには費用が発生しないので、どうしようもないなら聞いてみるだけでもいいですよ。(通話料はかかる場合があります。)

 

 

下記の2社は全国対応しているので、自分で解決できないなら問い合わせしてみると助けになりますよ。

 

 

鍵屋
自転車の鍵トラブルに強い鍵屋
日本全国どこでも24時間365日対応中!

 

 

 

 【注意】 防犯登録してますか?

 

あなたがお持ちの自転車は防犯登録していますか?

 

防犯登録をしていない場合、自転車屋や鍵屋では対応してくれない可能性もあります。

 

いくら自分のものだと主張しても開けてもらえないかもしれません。

 

 

 

自転車の鍵が開かなくなる原因

 

小石やサビが原因が多いですので、叩いたりガチャガチャすると解錠することがあります。

 

スプレーを吹き付けるとスベリが良くなっても有効です。

 

または、リングロックの先が入らずにずれてしまって、しっかりささっていないこともあります。

 

元の位置に戻ろうとする力が働くので、開きにくくなります。

 

 

 

自転車の鍵が開いたあとにすること

 

 

無事に自転車の鍵が開いたとしても安心はできません。

 

 

また同じようなことがおこる可能性があるからです。

 

 

安全な場所でゆっくり開け閉めしてみて、問題ないか確認しましょう。

 

 

もし引っ掛かりや違和感を感じるなら、なるべく早めに鍵を交換した方がいいでしょう。

 

 

リングロックだと再発してはいけないので、ワイヤーロックにしてもいいかもしれませんね。

 

 

機種を問わず取付可能な自転車用ワイヤーロック!

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加