バイクのメットインが開かなくなった!

原付バイクのメットインが開かない

 

 

  • メットインがまったく開かない!
  • スマホも財布もシートの中!今すぐに取り出したい!
  • バイク屋?鍵屋?こんな時どこに聞けばいいの?

 

 

急にメットインが開かなくなると、つい力まかせにガチャガチャやってしまいますよね。

 

荷物の出し入れができないと不便ですし、メットインに鍵を閉じ込めてしまうと移動すらできなくなるので、イライラする気持ちは痛いほど分かります。

 

ですが、無理やり開けようとすると状況が悪化して、余計な出費が発生する危険性があります。

 

 

そこでこの記事で、原付バイクのメットインが開かなくなったときの対処法をまとめました。

 

 

「自分で開けられる方法」と「どうやっても開かないとき」の対処について紹介しています。

 

あせって壊してしまう前に、一呼吸おいて読んでみてください。

 

 

すぐにメットインを開ける項目へ飛ぶ⇒

 

 

 

メットインの解錠ならおまかせの鍵屋!

 

  • 24時間365日対応
  • どこよりも早く!最短5分で到着
  • どんな鍵でも開錠できる!

 

 

原付バイクのメットインの開け方4選

 

メットインの鍵トラブルは自力で開ける方法から業者に頼む方法まで4つあります。

 

ただ、自分で開けられないからといってテキトーに業者を選んではいけません

 

 

下記4つの開け方と業者を選ぶポイントで、適切な方法を選んでください。

 

 

 

メットインの開け方1:自力で開ける

 

メットインはスペースが限られているので、荷物を入れるときに押し込んで入れていませんか?

 

多少なら鍵開けに影響はありませんが、ギュウギュウに詰め込んでいると開かなくなってしまうのは良くあるケースです。

 

 

メットインはフックで引っ掛かって閉まるようになっているので、押し込んだ荷物がシートを押し上げてフックが動かないため開かない状態。

 

 

シートを上から押し付けたり、シートに座って鍵を回すとメットインが開くことがあります。

 

またはバイクを横に傾けると中の荷物がずれることもあるので、左右に倒してみたりシートを揺さぶってみてください。

 

 

フックにかかる圧力を減らせられれば、パコンッと開きますよ。

 

 

なお、自力でメットインを開けられるのは、荷物を詰め込み過ぎているケースのみです。

 

「メットインが開かないときにゼッタイにやってはいけないこと」でも書いているように、こじ開けは絶対にやめましょう!

 

 

 

自力での対処がおすすめの人
  • 時間がある人
  • お金をかけたくない人

 

 

メットインに鍵を閉じ込めたときはこちらの記事⇒

 

 

 

メットインの開け方2:バイク屋に頼む

 

鍵の本職ではありませんが、バイクのことはバイク屋に頼んでみる方法があります。

 

ただし、バイク屋では開けられるシートと開けられないシートがあるそうです。

 

 

  • エンジンの鍵穴でシートを開けるタイプ=バイク屋で開けられる
  • シート下の鍵穴でシートを開けるタイプ=バイク屋では開けられない

 

詳しくは、原付バイク専門店「仙台東ライダース」さんのブログを見てみてください。

 

 

ちなみに鍵を回しても抵抗がなくスカスカしている感じだと、ワイヤーが切れている可能性があります。

 

その場合はバイク屋で修理が必要になるので、バイク屋への依頼が最適です。

 

 

直接持っていくか取りに来てもらうといいですが、場所や時間帯によっては対応してもらえない場合があるのが難点です。

 

 

バイク屋に依頼するのがおすすめの人
  • ワイヤーが切れている可能性がある人
  • バイク屋の連絡先を知って人

 

 

 

メットインの開け方3:ロードサービスに頼む

 

JAFなどのロードサービスは24時間365日対応してくれるので、いつ発生してもすぐに駆けつけてくれます。

 

バイクで遠出をしているときでも全国どこでも利用できるので助かります。

 

 

会員であれば無料ですが、会員でなかったとしても出張料や作業料を支払えば対応してもらえます。

 

またロードサービスに加入していなくても、任意保険に入っていればロードサービスの特約がついているかも知れません。

 

保険会社が分かるなら問い合わせてみてください。

 

 

ただ、ロードサービスの担当者によっては鍵開けを得意としていない場合もあるので、問合せの段階で確認しておきましょう。

 

 

ロードサービスに依頼するのが向いている人
  • 会員になっている人
  • 任意保険に加入している人

 

 

 

メットインの開け方4:鍵屋に頼む

 

どこに頼むのが一番早いか分からない、ということなら鍵屋に依頼がベストです。

 

鍵のプロですから、原付バイクの鍵についても熟知しています。

 

 

メットインを開けることだけでなく、鍵を失くしてしまっているなら鍵穴からスペアキーも作ってもらえます

 

鍵屋だからこそ即対応をしてもらえます。

 

 

出張型の鍵屋に依頼すれば、自宅や指定の場所まで来てくれるのでどこで困った状態になっても安心。

 

ただし、今いるエリアを対応していない鍵屋もあるので、広い地域をカバーしている鍵屋に頼めば大丈夫です。

 

 

 

離島など一部地域を対応していない可能性があるので、問合せのときに確認してください。

 

 

鍵屋に依頼するのが向いている人
  • とにかくすぐに開けてほしい人
  • どこに頼んでいいか分からない人

 

 

メットインが開かないときにやってはいけないコト!

メットインをこじ開けてはいけない

 

メットインを自力で開けようと思うなら、ネットで検索すればでわんさか出てきます。

 

 

  • マイナスドライバーを挿して回す
  • シートを持ち上げてすき間から手を入れる
  • シートを一気に引っ張って開ける

 

などなど

 

 

言うまでもありませんが、上記は絶対にやってはダメです。

 

 

シートは鍵で開ける以外には開かない構造になっています。

 

どの方法も無理やりこじ開けるやり方ですよね?

 

 

なんとかメットインを開けることが出来たとしても、他の部分が壊れてしまいます。

 

壊れた部分の部品交換や修理費用といった余計なお金がかかってしまいます。

 

 

 

最初からバイク屋か鍵屋に頼んでおけば良かった・・


 

 

・・・とならないように、メットインが開かなくなったら基本的には専門家に頼むことを考えてください。

 

 

それでは最後に、利用者の満足度が高い鍵屋を3社ほど紹介します。

 

 

 

困ったとき頼りになる鍵屋さん!

 

鍵のレスキュー

鍵のレスキュー

 

  • 24時間365日
  • 最短5分で到着(平均到着時間:16分54秒)
  • 鍵が開かなければ0円!
  • トラブル解決100万件以上の実績

 

電話の段階で目安料金と到着時間を教えてくれます。

 

 

 

 

鍵の救急サポートセンター

鍵の救急サポートセンター

 

365日年中無休の鍵屋です。

 

ほぼ全国対応(長崎県以外)で8時〜23時まで出張してくれます。

 

  • 電話問い合わせ
  • 出張料
  • 現場での見積り
  • キャンセル料

これらはすべて無料!

 

初めて鍵屋を利用する時でも安心できる鍵屋です。

 

公式サイトからそのままスマホで問い合わせられるので、外出先でもすぐに連絡できますよ。

 

 

 

 

鍵ドットコム

 

鍵ドットコム

 

 

鍵ドットコムは7〜22時まで対応してくれます。

 

サービス対応エリアが限定されますが、地域密着で対応してくれる親切な鍵屋です。

 

 

依頼後10分以内ならキャンセル料がかからないので、上の2社に繋がらなければ利用してみてください。

 

 

 

 

 

どれも実績が多く満足度の高い鍵屋です。

 

問合せや見積りは無料ですから、それぞれのHPを見て良さそうな業者に問い合わせしてみてください。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加