メットインの鍵閉じ込めでも焦らない対処法!

バイクのメットインに鍵閉じ込め

 

 

  • メットインに鍵を閉じ込めてしまった・・・
  • スペアキーがないので開けようがない!
  • 自分でメットインを開ける方法はないの?

 

 

鍵の閉じ込めは移動が出来ないばかりかバイク自体を動かせないので、どうすればいいか頭を抱えているのではないでしょうか。

 

でも、どうしようもないからといって、無理やりシートを開けようとすると後悔するハメになります。

 

  • 仕事に行けないじゃん!
  • 約束に間に合わない!
  • 早く帰りたいんだよ!

 

などイライラする気持ちも分かりますが、一呼吸おいて落ち着いてください。

 

 

この記事では、メットインから速やかに鍵を取り出すための方法を紹介します。

 

 

鍵を安全に取り出せるだけでなく、絶対にやめるべきNG行為も紹介しているので参考にしてください。

 

 

大至急でメットインを開けるにはこちら⇒

 

自力で開けるにはこちら(非推奨)⇒

 

 

 

スペアキーなしでも大丈夫!メットインからすぐに鍵を取り出そう!

メットインに閉じ込めた鍵を取り出す

 

メットインからすぐに鍵を取り出したいなら業者に頼むのが確実です。

 

ただ、業者といっても色々とあるので、次の3つからあなたが使いやすい業者を選んでください。

 

 

鍵の出張サービス

 

餅は餅屋、鍵は鍵屋

 

鍵のトラブルなら鍵の出張サービスが早くて確実です。

 

 

 

鍵の出張サービスって?


 

 

ホームセンターにあるような合鍵を作る鍵屋ではなく、鍵が開かないときや失くした時に現地でトラブルを解決してくれる鍵のプロ集団です。

 

メットインの鍵閉じ込めはもちろん、シリンダーからスペアキーを作ることもできます。

 

 

ただし、あくまでも鍵トラブルに関してなので、バイクのエンジントラブルやパンクなどには対応できません。

 

 

 

バイク屋に頼む

 

バイクのことならバイク屋に頼むのもありです。

 

購入したお店に連絡すればバイクを取りに来てくれることもあるので、お店まで持ち帰ってもらって開けてもらうといいでしょう。

 

 

ただバイク屋の場合は、「シリンダーごと交換する」か「シリンダー番号からメーカーで鍵作成する」かのいずれかになります。

 

 

シリンダーから交換となると高額になりますし、メーカーでの鍵作成には最短でも数日はかかります。

 

バイク屋は鍵の専門家ではないので、鍵屋より長めに時間がかかると思っておいてください。

 

 

 

ロードサービスを呼ぶ

 

JAFなどのロードサービスに加入しているなら、バイクのある場所まで来てくれます。

 

会員であれば無料で対応してくれるのもうれしいですね。

 

 

ただし、未会員であれば有料になる点と、鍵開けの技術は作業員の腕次第になるのが難点です。

 

 

 

この3つの中でどれがいいかはサービスの加入状況などにより異なりますので、あなたが使いやすいサービスを選びましょう。

 

 

もしアテがなくて、

 

 

 

どこに連絡するのが一番いいか分からない・・


 

 

ということなら、鍵屋を出張サービスで呼びましょう。

 

 

その理由は、鍵のプロだからです。

 

 

 

バイク屋もロードサービスも鍵のスキルは来てくれた作業員の熟練度により異なります。

 

鍵のことで困ったときは、やっぱり鍵屋が頼りになります。

 

 

 

でも、

 

 

一体いくらかかるの?


 

と料金的な不安があるのではないでしょうか?

 

 

 

実際テキトーに頼んで高くついてしまった、という声もありますし↓

 

 

 

ただ、業者によって値段はマチマチです↓

 

 

 

 

ですから、鍵屋を選ぶ前に「どこまで無料なのか」「どこからが有料になるのか」を確認すること、そして総額でいくらかかるのかを把握して依頼することが大事です。

 

 

理想は見積りやキャンセルは無料で対応してくれる鍵屋ですね。

 

 

・・ですが、ぶっちゃけ出張できる鍵屋は意外と多いので、ネットを検索するだけではどこに頼めばいいか分かりません。

 

 

 

どこの鍵屋がいいのか、サッパリ分からない!


 

 

となるのがオチです。

 

 

ネットに載っているイメージだけで頼むとトラブルの元なので、料金に不安なら次の鍵屋を使ってみてください。

 

 

 

対応エリアの広さで選ぶなら ⇒ 鍵のレスキュー

 

鍵のレスキュー

 

 

鍵のレスキューは24時間365日、日本全国で対応してくれます。

 

1500人の鍵師がいて現場まで最短5分で到着するので、急いで開けてもらいたいときに頼れる鍵屋です。

 

 

トラブル解決100万件以上でテレビ出演も多い鍵のプロ集団なので、メットインの開錠もお手のもの。

 

 

メットインの開錠

 

 

  • 値段が安い
  • 到着時間が早い
  • スタッフが親切

 

と三拍子そろった頼りになる鍵屋です。

 

 

 

 

 

料金に納得して依頼したいなら ⇒ 鍵の救急サポートセンター

 

鍵の救急サポートセンター

 

 

親切・丁寧なサポートで96.8%と高いお客様満足度の鍵屋です。

 

8時〜23時までなので深夜は無理ですが、365日年中無休で対応してくれます。

 

 

  1. 電話での相談料
  2. 現場までの出張料
  3. 見積り料
  4. キャンセル料

 

は全て無料なので、料金面に不安があるときは利用しやすい鍵屋です。

 

 

現場で見積り後に断っても、料金はかかりませんので安心してください。

 

 

 

 

 

 

地域密着型の鍵屋なら ⇒ 鍵ドットコム

 

鍵ドットコム

 

 

サービス対応エリアが限られますが、地域密着で対応してくれる親切な鍵屋です。

 

7〜22時まで対応してくれます。

 

 

鍵ドットコムに依頼後10分以内ならキャンセル料がかからないので、他社につながらなかったなら問い合わせてみてください。

 

 

 

 

 

 

問合せの段階で聞けるのは、目安の料金。最終的な料金は現場で案内となります。

 

とはいっても、高額な料金を払わないといけない状態は困りますよね。

 

 

  • メットインが開かなくて困ってる・・・
  • だからといって、鍵を開けるだけで何万円も払えない・・・

 

 

だからこそ、作業前にしっかりと料金を提示してくれる業者を選んでおくことが大事です。

 

 

まずは問い合わせしてみることが、問題解決の第一歩です。

 

 

 

鍵の閉じ込めでやってはいけないNG行為って?

メットインに閉じ込めた鍵を自力で取り出す

 

ネット検索すれば、自分でメットインをこじ開ける方法はかんたんに見つかります。

 

 

力任せに開ける

 

シートを力いっぱい持ち上げて、隙間から手を入れて鍵を取り出す方法です。

 

バイクによって手が入るだけの隙間が開く場合もあるので、鍵さえ取り出せれば移動することが可能になります。

 

 

ただ、、、シートがきちんと閉まらなくなるのはあなたもお気づきのとおり。

 

今後もバイクに乗ることを考えると、気持ちよい移動が出来なくなります。

 

 

 

ピッキングする

 

バイクの鍵くらいなら、針金を入れてガチャガチャ回せば開きそうだと思いませんか?

 

 

しかし見た目は簡単そうでも、素人が開けられるような物ではありません。

 

下手にいじって鍵穴を傷つけたりすると、シリンダーごと交換が必要になる可能性があります。

 

 

鍵屋に依頼すると料金が発生するので「頼みたくない」と考えるのは自然ですが、素人が触るのはおすすめしません。

 

シートの交換、鍵のシリンダー交換、修理費・・・

 

 

下手すると鍵屋に頼んだときよりも、2倍・3倍の料金が発生する可能性だってあります。

 

 

料金を聞いて断ることだってできるので、確実に開けるなら鍵屋に頼みましょう。

 

安心の鍵屋3社を見る⇒

 

 

 

メットインに鍵を閉じ込めたときのまとめ

 

メットインに鍵を閉じ込めてしまうと、100人中100人がパニックになります。

 

そのため、思わずシートをガチャガチャやってしまいがちですけど、まずは一呼吸おいて落ち着いてください。

 

 

  • スペアキーは持っていませんか?自宅にあるなら家の人に持ってきてもらえませんか?
  • 知り合いのバイク屋に頼めませんか?
  • JAFなどのロードサービスに加入していませんか?

 

 

どうしてもアテがないなら、鍵屋に頼みましょう。

 

シートやメットインを傷つけることなく、見事に開けてくれますよ。

 

 

料金が心配なら、電話で目安の料金や追加料金の有無について教えてもらえますよ。

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加