100均で買える部屋に鍵をつけるグッズ

ドア

 

家族に部屋に入られたくないことありますよね。

 

 

理由は様々ですが、家の中の部屋に鍵をつけるとなると意外と面倒です。

 

  • 壁に穴をあけたくない
  • 大がかりな工事はしたくない
  • できるだけ安く済ませたい

 

そこで、ほぼ何でも手に入るといっても過言ではない100円ショップで買える部品で鍵をつける方法をまとめました。

 

 

ドアに後付けできるやり方ばかりなので参考にしてください。

 

 

100均で買える部品で部屋に鍵をつける方法

 

 

それではさっそく紹介していきます。

 

 

つっかえ棒

部屋に鍵 つっかえ棒
(引用元:Yahoo!知恵袋

 

つっかえ棒1本でできる対処法です。

 

 

カラーボックスや台を置いて、その上に古い雑誌や本で高さを調整して代用もできます。

 

 

レバーが下げられないようにすればOK。

 

 

ただ、室内にいるときのみできる方法なので、外出時に無断で入られたくないというときには使えない方法です。

 

 

 

フォーク

部屋に鍵 フォーク
(引用元:YouTube

 

こちらも室内にいるときのみ使える方法ですが、100均のフォーク1本で入室を防げます。

 

 

やり方はフォークの付け根で折って、先を折り曲げてひっかけた後にフォーク先端のすき間に持ち手部分をさしこむだけ。

 

 

キッチリとしまりませんが、部屋から出る時も簡単に解除できるのがメリットです。

 

 

 

キャビネットロック

部屋に鍵 キャビネットロック

 

「鍵」ではないので完全に入室を止められませんが、高い位置に貼っておけば小さい子供が仕事中に入ってきて困る、なんてことはなくなります

 

 

弱点は手が届けばすぐに解除できてしまう点と、思い切りドアを開けば外れる可能性がある点です。

 

 

また、両面テープで止めるのではがすときに壁紙がはがれる可能性があります。

 

 

 

キャビンフック

部屋に鍵 キャビンフック

 

キャビネットロックと同じように完全に入室は止められませんが、ネジで止めるので強くドアを開いても外れる可能性は低いです。

 

 

ただし壁やドアに穴が開くので、跡が残るデメリットがあります。

 

 

 

南京錠+掛金(カケガネ)

南京錠

 

 

掛金(カケガネ)は↓の部品のことです。
掛金
(引用元:Amazon

 

 

南京錠と掛金(カケガネ)のセットなら計200円(税込220円)。

 

 

この方法も壁とドアに穴が開きますが、補助鍵として不在時でも入室できないように対処できます。

 

 

前に掛金(カケガネ)は100均でも売ってあったのですが、今回見つけることができませんでした。

 

 

店舗によっては100円ショップでも見つかると思います。

 

 

 

この5つの方法は鍵をつけるというよりも、部屋に入られにくくする程度です。

 

 

また、壁にテープで張り付けたりネジで穴が開いたりする欠点があります。

 

 

壁やドアに傷つけずに部屋に鍵をつけたいなら次の方法があります。

 

 

 

壁を傷つけずに部屋に鍵をつけるグッズ

 

100均にはありませんが、穴あけ不要で部屋を傷つけずにカギをつけるグッズを紹介します。

 

 

 

内開きのドア

 

ドア枠のラッチ部分に金具を取り付けて、扉を閉めたあとにロックの本体を取り付けるだけ。

 

 

ロックの本体でドアを押す状態になるため、ノブを下げてもドアが開きません

 

 

 

 

 

外開きのドア

 

ノムラテック ドアロックガードディンプル キータイプ ブロンズ N-2428

 

 

室内専用ではなく玄関用としても使えるタイプですが、ディンプルキーでしっかりとロックできる鍵です。

 

 

ドアを挟むようにして閉じた後に補助錠本体を取り付けて、部屋の外から鍵をかけます。

 

 

もちろん壁にもドアにも傷は入りません

 

 

傷を付けずに鍵を増やせる防犯性の高い補助錠です。

 

 

 

引き戸

 

壁に部分に粘着シートで貼り付けて開かないようにする補助錠。

 

 

粘着シートで貼るだけなので取り付けが簡単で、鍵をかけるとストッパーが上がって扉を開けないようにできます。

 

 

室内用に作られているため、ほぼどんな引き戸でも使用可能です。

 

 

子どもが扉を開けて外に出てしまうことを防ぐことができます。

 

 

 

見た目が気になるなら

 

別でカギを取り付けると見た目が気になるならドアノブごと交換するという手もあります。

 

 

値段が少々お高くなりますが、普通のドアノブと見た目が変わらずに鍵がかかるようにできます。

 

 

 

 

DIYが苦手ならドアノブ部分を鍵屋に交換してもらうという手もあります。

 

 

ドアノブのサイズ違いをすると取り付けできないなんてこともありますので、鍵のプロに見てもらうと安心です。

 

 

かんたんな目安の料金なら電話でも教えてくれるので、

 

 

 

室内のドアに鍵をつけたいんですけど、いくら位かかりますか?


 

 

と聞いてみてください。

 

 

鍵屋
鍵で困ったときのおたすけ隊!
室内の鍵についてのお問い合わせ&見積りは無料です。

 

 

 

さいごに

 

部屋に鍵をつけるために100均で部品を揃えようとすると難しいですが、カギをつけること自体は比較的かんたんです。

 

 

傷をつけずに後付けできるグッズもありますし、ドアノブを購入して自分でDIYするのもそれほどハードルは高くありません。

 

 

緊急度と予算と相談して最適な方法を選択してくださいね。

 


鍵屋の選び方