トイレのドアノブ交換は超かんたん!?

トイレのドアノブ

 

ドアノブがいつもと違う手応えになると不安になりませんか?

 

 

 

閉じ込められたらどうしよう?


 

 

なんて考えますよね。

 

 

でも1度もDIYや日曜大工の経験がなければ、

 

 

 

ドアノブなんて交換したことないから、自分ではできそうにない!


 

 

という風に思うでしょう。

 

 

実はドアノブの交換は簡単です。

 

 

 

僕は高校生のころ実家のトイレのドアノブを交換しましたから。


 

 

簡単とはいえ初めてのこととなると何をすればいいのかわからないと思いますので、ドアノブ交換をするときに必要な項目をまとめました。

 

 

ただ今回交換するさいに、ネット情報だけで買った交換用ドアノブで失敗しました

 

すぐに注意点を見るにはこちら⇒

 

 

意外と盲点だなぁと感じたので、後悔する前に注意点を参考にしてみてください。

 

 

わが家のトイレのドアノブの異変

 

ある日トイレから出るときにドアノブを回したら「パキッ」と音が鳴って、急に手応えが軽くなりました。

 

 

 

回しはじめの遊びが大きくなった感じ。


 

 

こんなとき、「とりあえず回るから大丈夫だろう」というタイプと「閉じ込められたらどうしよう」というタイプに別れます。

 

 

僕は後者のタイプ。

 

 

このままにしておくと閉じ込めになる危険性があると感じたので、交換をしようと思いました。

 

 

ドアノブを外す様子

 

トイレのドアノブ
わが家のトイレのドアノブは回すタイプです。

 

トイレのドアノブをドライバーで外す
プラスドライバーで外します。

 

トイレのドアノブを外す途中
片側のネジを外せば、もう一方は抜くだけ。

 

ドアノブを外した状態
ラッチボルトだけの状態です。

 

ラッチボルトを外す
ラッチボルトを外します。

 

ドアノブを完全に外した状態
全部取り外すとこんな状態です。

 

 

トイレのドアノブはプラスドライバー1本でかんたんに取り外せます。

 

 

原因はコレです↓
バネの画像

 

 

たぶん手を離すと戻るようにするための部品ではないかと思われます。

 

 

ドアノブを外したら、内部から落ちてきました。

 

 

構造がわかりませんし修理のしようがないので、交換をしようと思ったわけです。

 

 

 

ドアノブ交換で必要な情報と注意点

 

ドアノブ交換で必要なのはサイズです。

 

 

ドアノブ交換のためのサイズ
(引用元:カギの生活救急車

 

 

私もこのサイトを参考にしてサイズを計りました。

 

 

ドアノブ交換のためのサイズ計測1

 

ドアノブ交換のためのサイズ計測2

 

ドアノブ交換のためのサイズ計測3

 

 

ホームセンターで販売されている交換用ドアノブにもサイズが書いてあるので、合うものを買えば大丈夫。

 

 

買ってきた交換用ドアノブ
↑ホームセンターで買ったドアノブ

 

・・・と思って、サイズだけチェックしていると落とし穴があります。

 

 

僕はドアノブを買ってきて

 

 

 

さぁ交換するぞ!


 

 

のタイミングで気づきました。

 

 

僕が見事にはまった落とし穴、、、それはドアノブの固定方法です。

 

ドアノブ自体を固定するには、

 

 

  • 壁に固定
  • ドアノブ同士で固定

 

 

などいくつかの種類があるようで、僕がホームセンターで買ったものだとわが家のドアの板部分に固定できないということ。

 

 

ドアノブの比較

 

上が買ってきた交換用のドアノブ、下がわが家のトイレについていたドアノブ。

 

 

2つを比べてみると購入したドアノブはドアの板に直接ネジで固定するタイプで、わが家のドアノブはドアノブ自体を固定するようになっています。

 

 

つまり、せっかく買ったドアノブではわが家には取り付けできないというわけです。

 

 

近所のホームセンターだったから返品できましたが、ネットだったら面倒なことになっていたでしょう。

 

 

通販で購入するときは、ドアノブの形状までしっかり確認して買うようにしてください。

 

 

交換用のトイレのドアノブです。カギ付き・カギ無しなど種類がたくさんあります。

 

 

 

値段は1,700円〜という感じです。

 

 

もし自分では交換できないなら、鍵の専門業者に頼むと全ておまかせでやってもらえます。

 

 

でも自分で交換するより費用は高くなるので、何社か問い合わせしてみるといいでしょう。

 

ぼったくられない鍵屋の選び方⇒

 

 

 

最終的にわが家のドアノブはどうなった?

 

ホームセンターをいくつかまわってみましたが、わが家に取り付けできるドアノブは見つかりませんでした。

 

 

ウチは賃貸なので管理会社に電話してみたところ管理会社で交換してもらえることに。

 

 

業者の人が10分弱でチャチャッと取り付けてくれました。

 

 

交換後のトイレのドアノブ

 

 

 

レバータイプになって奥さん大喜び!


 

 

ちなみにドアノブ交換してもらえるまでは、ドアストッパーで扉が開かないように止めてました。

 

 

自分で取り付けようとしてできずに、けっきょく管理会社に依頼することになったので約1か月くらい不便な状態が続いていました。

 

 

 

さいごに:自分で交換するときの注意点まとめ!

 

サイズや形状にさえ気をつければ、ドアノブ交換は自分でできます。

 

 

ふだんから日曜大工やDIYをしていないと無理っぽいと感じますよね。

 

 

たいていのドアノブはドライバー1本で交換できるのでむずかしいことはありません。

 

 

気を付ける点は、

 

  • サイズを間違えないこと
  • 形状を間違えないこと

 

この2つです。

 

 

同じタイプのドアノブを購入すれば、かんたんに取り替えできます。

 

 

自分で交換するのが一番安上がりなので、この記事を参考にしてみてください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
鍵屋の選び方