鍵穴トラブルの対処法

鍵穴にクレ556

 

 

・鍵穴に556を吹き付けてしまった!
・最初はよく回っていたけど段々固くなってきた!
・このまま回らなくなったらどうしよう...


 

 

このような疑問にお答えします。

 

 

鍵穴にクレ556(KURE5-56)を使ってしまった場合、時間や使用量によって対処法が変わります

 

 

対処法を間違えると、症状が悪化して高額な料金が発生する可能性もあります。

 

 

この記事で、鍵穴に556を使ってしまったときの対処法をまとめています。

 

 

ぴったりな対処ができるようお役立てください。

 

 

 

 

鍵穴556使ってしまったときの3つの対処法

 

 

556を使ったタイミングや使用量、鍵の種類などで対処法が異なります。

 

 

プロでないと対処ができないことを素人が行うと悪化する場合もあるので注意してください。

 

 

 

洗浄剤で洗い流す

 

 

556を吹き付けてすぐなら、鍵用の洗浄剤で洗い流しましょう。

 

 

556の成分が固まる前に鍵穴から出しきる必要があるからです。

 

 

また、できる限り早めに流すことも大事。

 

 

時間が経つごとに556の油にホコリやゴミが付着しながら固くなっていきます。

 

 

近所のホームセンターなどで買えるのがベストですが、近くで見つからないなら、Amazonや楽天のすぐに出荷してくれるお店で手にいれましょう。

 

 

 

 

なお、565を使ったあとにエアダスターは効果が薄いです。

 

 

液体なので洗浄剤で洗い流しましょう。

 

 

 

分解洗浄をする

 

 

すでに固くて回しにくくなっているなら、鍵屋に錠の分解洗浄を依頼しましょう。

 

 

556が固まってしまうと、1で紹介した潤滑剤では流せなくなります。

 

 

錠をバラして隅々までキレイに洗浄し、グリスを塗ることでなめらかに開け閉めできるようになります。

 

 

 

なお、分解はぜったいに自分ではやらないこと。

 

 

錠は細かい部品がくみあわせてあります。

 

 

バネ一つとっても、重要なパーツ。

 

 

分解はできたとしても、元どおりにできないと意味がありません。

 

 

鍵屋でも分解後に組み立てられないほど精密な錠もあるので、自分でやってみようとは思わないことです。

 

 

錠前の交換になると、分解洗浄より高額になります。

 

 

 

シリンダーを交換する

 

 

鍵穴の洗浄でも解決できない場合や精密な錠の場合、シリンダーごと交換しないといけなくなる可能性があります。

 

 

専門業者に依頼してまるごと換えてもらいましょう。

 

 

鍵屋
鍵穴トラブルに強い鍵屋
日本全国どこでも24時間365日対応中!

 

 

 

鍵穴にクレ556がダメな理由

 

鍵穴に556を使ってはいけない理由は、吹き付けた液体が時間の経過とともに固まるからです。

 

 

ホコリやゴミを巻き込みながら固まります。

 

 

鍵が回らなくなるだけでなく、差すことすらできなくなる場合があります。

 

 

ドアが開閉できなければ、シリンダー交換がやりにくくなるため、鍵屋に追加で対処してもらう必要が出てきます。

 

 

この分の費用も発生するので、早めの対処がいいですよ。

 

 

 

 

カンタンな鍵穴のお手入れ方法

 

 

556の問題が解決したなら、今後は同じことが起こらないようにしたいですね。

 

 

普段から鍵穴や鍵の掃除をしておくと、鍵トラブルを避ける事ができます。

 

 

 

鍵穴を掃除機で吸う

 

 

鍵穴が引っ掛かったり抜き差ししにくくなるのは、ホコリやゴミが原因。

 

 

掃除機で吸いだしてやるとすんなり回るようになります。

 

 

「ウソだ〜」と思うかも知れませんが、だまされたと思ってやってみてください。

 

 

下記のブログのように、おどろくべき体験ができますよ。

 

「玄関の鍵の調子が悪い時の裏技がすごかった」はこちら⇒

 

 

 

ダイソンのような高吸引力がなくても、一般的な掃除機で充分です。

 

 

 

鍵穴用スプレーやエアダスターを使う

 

 

自宅に掃除機がないなら、鍵穴専用スプレーを使うかエアダスターでホコリを飛ばしましょう。

 

 

鍵穴に入り込んでいるホコリを出せばいいので、吸うか吹くかの違いです。

 

 

 

鍵をキレイにする

 

 

鍵自体についているゴミもトラブルの原因になります。

 

 

最近は精密になっているので、少しの異物でも回らなくなったりします。

 

 

使わなくなったハブラシで鍵山や凹んだ部分を掃除しましょう。

 

 

その後、鉛筆でなぞるといいですよ。

 

 

「鉛筆の粉はダメじゃないの?」

 

 

鉛筆の黒鉛は鍵の潤滑剤と成分が近いそうなので大丈夫です。

 

 

ただし、鍵穴に差す前に拭き取るようにしてください。

 

 

「鍵に鉛筆」はプロもおすすめする方法なので、安心してお手入れに活用してください。

 

 

 

もし鍵穴を掃除機で吸ったりエアダスターで吹き飛ばしても回りが悪いなら、摩耗の可能性もあります。

 

 

長年使っているなら、鍵・錠前を交換したほうが解決まで早いかもしれません。

 

 

 

さいごに

 

 

どんなに固くても、ひと吹きで解決できるクレ556のスプレー。

 

 

困ったときに助かるお役立ちアイテムですね。

 

 

つい回らない鍵穴に556を使ってしまうケースは意外と多く、けっこうな頻度で鍵屋に問い合わせが入るそうです。

 

 

 

鍵が回らなくなったりひっかかるようになるのは、中でホコリやゴミがたまっているから。

 

 

まずは今起こっているトラブルを解消して、その後は掃除やお手入れでケアしましょう。

 

 

安心の鍵屋を選ぶ方法⇒

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加