ダイヤル式ポストの開け方を徹底解説

 

 

ダイヤルの番号を忘れてしまった!
引っ越し先のポストが開かない!


 

私も初めて一人暮らしをしたときに、管理会社から渡された説明書を見ながら回してもまったく開けられなかった思い出があります。

 

 

そのときは管理会社に問い合わせてやり方を教えてもらいましたが、開け方がわかれば単純です。

 

 

ダイヤル式ポストをはじめて使う方から番号がわからなくなった方まで、この記事を参考にして開け方を覚えてください。

 

 

 

ダイヤル式ポストの開け方(回し方)

ダイヤル式ポスト

 

ダイヤル式ポストの仕組みは、左右に規定の回数を回し特定の数字を合わせると開くようになっています。

 

例)

  • 右に2回9
  • 左に1回7 の場合

 

例の数字の場合、最初に右回し(時計回り)に2周回して9で止めます。

 

 

この時、右回しで1回目に合わせる位置にきた9はカウントしません

 

 

1回目に9が来たとしても回転が足りていないため、ダイヤル錠が1回目とカウントできないためです。

 

 

私も最初はここがわかっていなかったので、何度やっても開きませんでした。

 

 

右回しで2回目の9を1回目としてカウントしてください。

 

 

右に2回9を合わせたら、左に回して7に合わせるとポストが開きます。

 

 

 

回し方と番号はあっているのにあかない場合

 

手元にダイヤル式ポストの開錠方法がありゼッタイに合っているはずなのに開かない場合は、下記をチェックしてください。

 

 

セットポイントが間違っている

 

数字を合わせるポイントには白い点がついていて、たいてい上がセットポイントになっていることが多いです。

 

 

ただ、メーカーや機種によってはセットポイントが右や左の場合もあります。

 

 

どこに数字を合わせるか確認してみてください。

 

 

 

最初の回転数が足りない

 

上記の例でも紹介しましたが、右に2回9の場合に最初に0が合わせてあり1つずらして9にした場合は、1周目にカウントされません。

 

 

右に2回9であれば、右回しで3回めの9に合わせるという認識だとわかりやすいでしょう。

 

 

 

数字がずれている

 

合わせた数字がきちんとセットできていない場合は、正しい数字として認識できていません。

 

 

カチ・カチという手ごたえがあるはずなので、数字を合わせたときにカチっとなったことを確認して次の数字を合わせてください。

 

 

それでも開かないときは、ダイヤルと回すときに1数字ごとにカチ・カチと一度止めて次を回してみてください。

 

 

 

ダイヤル式ポストのリセットを試してみる

 

なんどか試してみても開かないなら、番号の初期化をしてみてください。

 

 

初期化といっても難しいことではなく、ポストのダイヤルを右か左に2周以上回すだけで番号をリセットできます

 

 

ダイヤル式ポストの番号がわからない時の対処法

ダイヤル式ポスト

 

もし番号や回し方がわからなくなったときは、次の方法を試してみてください。

 

 

管理会社や大家に問い合わせ

 

まずは管理会社や大家にポストの回し方がわからないと問い合わせしましょう。

 

 

一番早く解決できる方法です。

 

 

 

何もかもわからない時の回し方

 

番号も回し方も何もかも分からずに管理会社への問い合わせもできない場合は、次の方法で探ってみてください。

 

 

最初に回すのが左右どちらかわかれば、時間が半分になるのですが、わからなければ、右から試してみましょう。

 

やり方(ダイヤルが数字で0〜8の場合)
1.右へ2回以上回す。(グルグル回せばOK)
2.0でとめる
3.左へ回し1で止めて引く(すぐ隣なのでちょっとしか回しません) 開かなければ↓
4.そのままさらに左へ回し2で止めて引く(すぐ隣なのでちょっとしか回しません) 開かなければ↓
5.そのままさらに左へ回し3で止めて引く(すぐ隣なのでちょっとしか回しません)
のように4引く→5引く→6引く→7引く→8引く と行う
これで開かなければ、最初の右0が間違っている。
ここまでゆっくりやっても20秒終わるでしょう。
次に、また右へグルグルまわし、右1を試す→右2を試す→右3を試す。
右8までやって開かなければ、最初に右に回すのが間違い。
最初に左に回すのが正解なので、左0から試しましょう。
(引用元:Yahoo!知恵袋

 

 

 

さいごに

 

ダイヤル式ポストはカギがなくても開けられますし、開きかたも番号もむずかしいものではありません。

 

 

慣れるまでは戸惑うかもしれませんが、何度か開け閉めすればすぐに慣れます。

 

 

なお、閉め方は扉をパタンと閉じてダイヤルを回すだけですが、軽く回しただけだとしっかりとロックがかかっていない場合があります。

 

 

郵便物盗難の被害を防ぐためにも、扉を閉めたら1周以上回すようにしてくださいね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
鍵屋の選び方