自転車のカギを紛失したときの対処法

 

 

・自転車の鍵を紛失してしまった
・どんなに探しても見つからない
・一番安く解決できる方法を知りたい


 

自転車が必要なときに乗れないのは困りますよね。

 

 

先走って破壊する前に安く対処できる方法を知っておかないと損するかもしれません。

 

 

この記事の内容
  • 馬蹄錠(リングロック)を壊す2つの方法
  • 自転車屋で新しい鍵をつける料金と条件
  • 鍵屋で合鍵を作成するときの料金
  • 自転車の鍵をなくさないコツ

 

 

開かない自転車の鍵を開ける方法を知ることで、あなたにとってお得で早い対処法を選択できます

 

 

3分で読めるので、開かない自転車の鍵で困っているなら最後まで読んでみてください。

 

 

馬蹄錠(リングロック)を壊す2つの方法と料金

 

馬蹄錠を壊すには、

 

  1. 自分で破壊する
  2. 自転車屋で破壊する

 

の2つがあります。

 

 

それぞれの破壊方法についてと、かかる費用については次の通りです。

 

 

自分で破壊する

 

自転車の馬蹄錠を破壊するにはマイナスドライバー1本あれば十分です。

 

 

鍵穴にマイナスドライバーを差し込んで強引に破壊できます。

 

 

先を鍵穴に入れてテコの原理を使えば、意外と簡単に壊すことができリング状のカギが外れます。

 

 

100均にあるワイヤーロックを買えば110円で済みます。

 

 

マイナスドライバーを購入したとしても、220円で破壊してカギをかけられる状態にできます。

 

 

 

自転車屋で破壊してもらう

 

マイナスドライバーがなく自分で破壊するのが難しそうなら、自転車屋で馬蹄錠を壊してもらいましょう。

 

 

専門の道具を使って簡単に破壊してくれます。

 

 

その場で新しい馬蹄錠の取り付けまでしてもらって、だいたい2,000〜5,000円くらい

 

 

自転車屋にたのむ場合は、店舗まで自分で運ぶ必要があります。

 

 

お店によっては出張してくれる可能性もありますが、追加料金がかかります。

 

 

 

鍵屋で合鍵を作成するときの料金

 

鍵屋は元鍵がなくても鍵穴からスペアキーを作成してくれます。

 

 

馬蹄錠を破壊する必要がないので、傷がはいる危険性もありません。

 

 

電話問い合わせすれば現地まで出張してきてくれるので、まっているだけでOK。

 

 

料金は8,000円〜くらい

 

 

自転車の鍵もディスクキーやディンプルキーのような防犯性の高いタイプが増えているので、鍵の種類によっても変わるようです。

 

 

出張料がかかる可能性があるので、電話問い合わせの段階で目安を聞いておくと安心です。

 

 

鍵屋
鍵穴トラブルに強い鍵屋
日本全国どこでも24時間365日対応中!

 

 

電話はフリーダイヤルで無料なので、近所に自転車がなさそうなら問い合わせしてみてください。

 

 

 

ホームセンターで合鍵の作成はできる?

 

自転車の元鍵があればホームセンターでも合鍵作成ができる場合もありますが、鍵穴からの合鍵作成はホームセンターではまず無理です。

 

ホームセンター内にテナントで入っている鍵の専門店なら作成できる場合もあるでしょう。

 

お店に行く前に電話で問い合わせして、可能であれば訪問するようにした方が安心です。

 

 

 

自転車の鍵を紛失防止する方法

 

せっかく新しい鍵を作ったなら、今度は失くさないようにしたいですよね。

 

 

その時の対処法として、

 

  • 鈴など音の出るキーホルダーをつける
  • 家の鍵や車のカギと一緒にまとめる
  • スマートタグを利用する

 

などを使ってカギを紛失しないように防止してください。

 

 

 

まとめ

 

自転車の鍵を紛失してしまったら、基本的に馬蹄錠の破壊と鍵の購入がセットになります。

 

まとめ
  • 自分で破壊して鍵購入するなら ⇒ 110
  • 自転車屋で破壊して新しいリングロック取り付けるなら ⇒ 2,000〜5,000円
  • 鍵屋で合鍵作成するなら ⇒ 8,000円〜

 

一番安いのは自分で破壊して100均でワイヤーロックを購入する方法です。

 

 

マイナスドライバーを購入したとしても220円というダントツの安さ。

 

 

鍵屋なら馬蹄錠を壊さずに合鍵だけ作製することも可能です。

 

 

予算と状況に応じて作成し、新しく鍵を手に入れたら紛失しないように気を付けてくださいね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
鍵屋の選び方